金沢カレーを食べに国内旅行

金沢カレーを食べに国内旅行

加賀百万石の城下町金沢。歴史好きには前田利家でおなじみの地です。2015年3月14日の全線開通で、東京金沢間が2時間半とぐっと短くなり、国内旅行の中でもより身近な観光地となりました。
そんな文化と歴史の街金沢といえば、兼六園や武家屋敷など雅な雰囲気の観光地であったり、日本海に面して街中に近江町市場があることから魚介類を堪能する。国内旅行定番のツアーやプランではそんなイメージなのですが、実は独特のカレー文化を持っている地なのです。最近では金沢カレーなんて言われてますね。
国内旅行の醍醐味として美味しい郷土料理もいいですが、お手軽なB級グルメも…という人に是非食べていただきたい。
金沢カレーは、どろっとした濃厚なルーを白飯が見えないくらいたっぷりかけたカレーに、千切りキャベツとソースを掛けたカツが乗っているのが特徴。ステンレスの楕円形の皿に盛られていて、フォークや先割れスプーンで食べるお店が多いですね。
味はとにかく濃厚。スパイシーなカレーではなく、洋食屋さんのカレーに近い。お野菜ゴロゴロというカレーではないけれど、キャベツとカツのお陰で満足感は大きい。とにかくルーが濃いので、ご飯との配分を考えて食べるのが重要ではないでしょうか。
カレーが恋しくなったらふらっと金沢まで国内旅行なんていかがでしょう。

富山への国内旅行の目的はシロエビバーガー

国内旅行で全国のB級グルメを食べ歩いている私の今回の旅行先は富山県。そしてこの国内旅行の最大の目的はご当地B級グルメとして有名なシロエビバーガーを食べることだったのです。
国内旅行サイトの事前情報によると、そのバーガーは道の駅・カモンパーク新湊で売っているとのことでしたので、私は富山到着後、まっすぐその道の駅に向かいました。すると驚きの光景がそこに広がっていたのです。あまり人が多いとは感じられなかったこの土地でここにだけには多くの人が集まっており、しかもその人たちの目的は皆、私と同じシロエビバーガーのようでした。
私はその人気をこの目で見てますます期待が膨らみました。そしてついに念願のシロエビバーガーと対面となったのです。
シロエビをかき揚げ風に揚げてサンドしたそのバーガーは見た目だけでもよだれが出てきそうなフォルムでしたが、食べてるとそのサクッとした食感が最高でした。そして、いい意味で期待を裏切られたのがその味付けです。私はシロエビがかき揚げ風だったので、味は天だし風の甘辛味だと思っていました。しかし、実際のシロエビバーガーの味付けはタルタルソースで、とてつもなくシロエビのかき揚げとマッチしていたのです。
私はこのシロエビバーガーを食べられただけで今回の国内旅行に十分な満足感が得られました。けれど欲深い私は翌日にはまた他のB級グルメの話を聞き、立ち寄ることを即決めたのです。

東京への国内旅行ついでに月島もんじゃを食す

国内旅行は交通費がかからないため、グルメを楽しむことができます。久々の休暇を利用した国内旅行先に選んだのは、東京です。東京は出張で出かけることはあるのですが、遊びに行ったことはありませんでした。目的は、出張などのビジネスでは楽しむことがあまりできないB級グルメツアーです。東京といえば下町ともんじゃ焼きのイメージがありました。訪れたのは、もんじゃ焼き店の激戦区として知られている東京の月島地区です。月島は、どこか懐かしい雰囲気の商店街がある下町情緒あふれる場所でした。町並みを散歩していると、目に飛び込んできたのは行列ができた店が目に入ります。東京まで時間をかけて来ましたし美味しいもんじゃ焼きのためなら、待ち時間は苦になりません。店に入ると、美味しそうな匂いが広がっていました。オススメのメニューを聞いて焼き始めると、店員さんが親切に食べ方を教えてくれます。激戦区で人気のもんじゃ焼きの味は格別でした。また、もんじゃ焼きのために東京に国内旅行で来たいと思ったほどです。東京はおしゃれな店もたくさんありますが、B級グルメも楽しめる場所だと思います。次の国内旅行でも東京を選んで、別のB級グルメを探してみたいです。

国内旅行でぼっかけ焼きそばを食べてきた

週末に国内旅行で神戸へ行ったとき、B級グルメ好きとしてはどうしても食べたいものがありました。それは「ぼっかけ焼きそば」です。国内旅行を控えたある日、神戸に住む友人におすすめグルメを聞いたところ「ご当地ならではの焼きそばがあるよ」という答えが返ってきました。「野菜と肉と麺を市販の焼きそばソースで絡めたものとは違う」と聞いてからはさらに興味を持ちました。すぐに国内旅行の予定に「ぼっかけ焼きそばを食べる」と入れました。ぼっかけ焼きそばとは、神戸の長田というところのご当地グルメで、牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだものが麺に絡まっている料理です。お好み焼きのソースで甘辛いものが好きな人にはたまらない味と言えるでしょう。神戸の長田地区を歩いていると「ぼっかけ焼きそば」の看板を掲げているお店がいくつも目に付きます。さすがにご当地とあって飲食店でも出しているところが多いようですね。そこで実際にいくつかのお店で食べ比べをしてみました。同じ料理といえどお店によって多少は味が違います。食材はほとんど変わりませんが、お店よってタレの味付けが異なっているからです。普段よく食べる方であるものの、腹持ちの良い炭水化物ですので3軒ほどでお腹がいっぱいになりました。国内旅行で神戸を訪れた際にはB級グルメのぼっかけ焼きそばを食べ歩くのもなかなか楽しいと思います。

国内旅行の目的は佐世保バーガー

私はB級グルメが大好きで、わざわざ佐世保バーガーを食べに長崎県の佐世保市まで日帰りで国内旅行に行ったことがあります。わざわざ長崎まで食べに行った理由は、佐世保バーガーの基準をクリアしている佐世保バーガー認定店は佐世保市内の店舗に限られているからです。日帰りの国内旅行ということで下調べもしていましたが、市内25店舗が紹介されている佐世保バーガーマップを手に市内を回ることにしました。
まず最初に訪れたのは「させぼご当地グルメ総選挙」で2年連続金賞を受賞したことのある老舗店「ビッグマン」です。お店の入り口には佐世保バーガーのキャラクター「佐世保バーガーボーイ」の看板が置かれています。佐世保バーガー人気が高まる前から自家製ベーコンを使用したベーコンエッグバーガーが人気ということで早速頂くことに。手間暇かけられて作られたベーコンの旨味と肉汁たっぷりのパティが美味しく2年連続金賞というのにも納得です。続いては隣同士に店を構える「ログキット」と「ヒカリ」を食べ比べすることに。ログキットではビッグサイズのスペシャルバーガー、ヒカリでもスペシャルバーガーを食べました。それぞれに趣向を凝らした美味しさが味わえるので佐世保バーガーの食べ比べにはもってこいです。久し振りの国内旅行でしたが思う存分佐世保バーガーを堪能することができて良かったです。長崎に国内旅行に行ったら佐世保バーガー巡りはおすすめです。
参考サイト